別冊ファミリア|変容する家族のカタチ


豊富な言語と宗教が交差し、多くの文明が栄えたトルコ。
国民性は寛容で、家族文化も幅広い。
結婚の儀式も時間軸がなく、歌や踊りで開放的。
東西文化の十字路イスタンブールから伝える、
忘れてほしくない日本人としてのアイデンティティ。







婚約される際、日本と違う点は

トルコでは男女が結婚を決めると、まず男性側が父親をはじめとして家族全員で女性側の家に出向きます。

そこで、男性の父親か男性側の代表者が、女性の家族に結婚の申し込みをします。ここで双方が合意に至ると、次に、婚約式、結婚式、、、というふうに事が運びます。

また、日本では、一般に、婚約や結納は家族間だけで執り行うことがほとんどだと思いますが、トルコでは結婚式さながらにサロンを借りてパーティをするカップルがたくさんいます。

婚約式は女性側が費用を負担します。儀式としては、赤い糸で結びつけられた二つの婚約指輪を、結婚する男女が指にはめ、それを年長の人が、たいてい男性の父親なのですが、ハサミで切ります。これで婚約成立となるわけです。


トルコの結婚式はどのようなものでしょう?

結婚式では入籍式と披露宴の2つがあります。

いわゆる披露宴のような宴会は行わず、入籍式のみを行う場合も多いですし、昼間に入籍式を済ませ、夜に披露宴を開く場合もあります。

また、披露宴会場で冒頭に入籍の儀式を行いそのまま宴へ、というパターンもありますね。


型にはまっていないのですね。

結婚式では入籍式と披露宴の2つがあります。

入籍式は市役所の立会い人の元、書類にサインをするのみで終了ですので、あっという間に終了してしまいます。

それに引き換え、披露宴の方は、食べて踊ってのパーティで、根っから踊り好きのトルコ人の披露宴は深夜まで延々と続くことが多いです。

ただ、日本の披露宴と異なるのは、司会もいなければ、両親や恩師や友人のスピーチといったものも一切なく、花婿花嫁を初め、誰でも踊りたい人が中央フロアに出てひたすら踊る、、、というものです。


国際結婚の場合、特別な手続や制度はありますか?

国際結婚ということで特に面倒な手続きは発生しませんでした。

ただ、外国人として住む上で必要な外国人居住許可証があるのですが、これに記載されているステータスを独身から既婚へと書き換えるのに、夫婦揃って警察本部に出頭しなければなりませんでした。

トルコ人同士の結婚ではそのようなことは必要ないようです。

戸籍をどうするか、面倒な手続きはありましたか?

現地の日本総領事館に届け出を提出するのみで、特に面倒な手続きはありませんでした。

私は日本国籍を維持するつもりでしたので、日本の領事館に個人的に届出を出し、トルコについては結婚証明書を役所に届けたのみです。


名前をどうするかについては、話し合われましたか?

現在の生活拠点はトルコであり、これは今後もおそらく変わらない可能性が大きいです。

トルコで生活していく上では、トルコの名前であった方が便利な点が多いので、トルコ名をつけることに異議はありませんでした。

ただ、日本人にとって発音しにくい文字の入った名前や覚えにくい名前は避けることを条件にして考えましたね。

トルコでは、子どもの苗字は、出生届を提出すると自動的に父親の姓が登録されるのですが、結婚も同じで、婚姻後は女性は自分の姓を名乗ることはできません。


ご家族の国籍については?

現在、日本では重国籍が認められていないため、トルコ国籍ないし日本国籍のいずれかを選択することになります。

私自身の国籍については日本国籍をそのまま維持することで、夫とも当初から合意していました。

子どもたちについては、成人するまではトルコと日本の両国籍を保持することが可能ですが、その後の選択については子どもたちの意思で選択することであって、干渉するつもりはありません。


国際結婚で難しい点は、どのようなことでしょう。

子どもには日本人としてのアイデンティティをもって欲しいと思っているのですが、そうすると、たくさんの困難があります。

言葉、日本語読み書きに始まり、日本独特の習慣、食生活、、、、。

海外で生まれ育ち、片親も外国人という子どもにとって、日本人としての感覚を周囲から自然に吸収して身につけるということは、なかなか難しいのだと思います。

日本人である親自身が当初からそれを認識して意識的に努力しなければならないと実感しています。


国際結婚でこそ得られる幸福感や楽しさというものは?

私自身が国際結婚をし、異国に住んでいる現在、楽しいと思うのは、その国にしろ、自国にしろ、常に新しい発見があることです。

日本の習慣や料理、言葉、制度など、日本にいたら、おそらくは意識しなかったことも、異国のトルコにいると疑問に思い、改めて調べてみたりしますね。あるいは、外国の知人や友人に尋ねられて、改めて調べてみることも多いのです。

これは、どのような国であっても、その国にどんなに長く滞在しても、知り尽くすということはなく、日々新たな発見がありますし、国際結婚に限らず、たとえば単身での長期滞在や留学などでも同じではないかと思います。

ただ、結婚となると、その国により深く入り込むことなるわけですから、内側から見ることができるという意味で、単身で海外に住む時とはまた違った角度からその国を捉えるようになるとは思いますが。


トルコにおける「家族」の印象は?

トルコでは、家族のつながりがとっても密です。

子供が結婚してそれぞれ家庭を持った後でも、家族は家族、頻繁に会うのはもちろん、ひっきりなしに互いに連絡を取り合います。

どこの国でも同じだと思いますが、トルコでも時代が変わるにつれ、家族の形は変わってきているいるようです。

たとえば、私たちの両親が若かった時代は、一家の中で父親が占める位置というのは絶対で、父親が家事はもちろん育児に参加するなどということは考えられなかったようです。

さらに、祖父母が同居してる場合は、その家の一番の権威者は、祖父或いは祖母であり、彼らの前では、父親でも自分の子供を抱くなどして可愛がることもためらわれたのがとか。

現代ではそんなことはなく、私たちの家庭も、周囲の家庭も、家庭内でも男女平等的な意識が強く、父親は個人差はありますが、家事にも育児にも参加していますね。


日本で国際結婚がスタンダードになるためには?

重国籍を認めて欲しいと思います。

現在、日本では重国籍を認めていないため、私は、日本国籍を維持したままでは、トルコ国籍を取得できないことになります。

そうなると、今後、トルコに半永住的に住んでいこうとする場合、日本国籍を放棄する意思がない者にとっては、外国人として生活していかなければならなくなるのです。


あなたにとって、家族とは?

自分の居場所であり、存在価値を確認できるところ、生き甲斐です。





WASEDABOOK.jpg